これは脅威! 米どころを脅かす新興勢力が北海道・九州から

「福井県の自慢は?」と問われて「米のおいしさ」を挙げる人は少なくないと思いますが、そんな〈郷土の誇り〉を脅かす記事が産経新聞にありましたので紹介します。

 「うまいコメ」の勢力図が様変わりしている。国内有数の穀倉地帯である東北や北陸地方に代わり、品種改良を進めた北海道や九州の新銘柄の評価が急上昇、旧来産地を脅かしている。新銘柄は消費者にも浸透してきており、従来産地は巻き返しに懸命。新米の季節を迎え、販売競争は激しさを増しそうだ。
(2012.10.28 産経新聞)

記事で紹介されているのは、北海道産の『ゆめぴりか』や、佐賀県産の『さがびより』、福岡県産の『元気つくし』など。いずれも、数年前までは食味ランキングの上位に名を連ねることなどなかったのですが、価格競争を回避するために品種改良でブランド化を推し進めてきたとのこと。

記事では、高性能炊飯器の普及も米のおいしさに対するこだわりを喚起している、とも。炊飯器って一度買うと10年はもつのでなかなか買い替えってしないものですが、たまに家電量販店を覗くと「炊きあげ時の蒸気が少ない」とか「土鍋の味わいに匹敵」とか「ここまで進化してるのか!」と驚かされることも多いですからね。
(photo by VAYardley)

「うまいコメ」勢力図、激変 北海道・九州の評価急上昇 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121028-00000002-san-bus_all

タグ:

この記事についてのコメント